AIMP3

AIMP3
AIMP3
http://www.aimp.ru/

Windows用のフリーの高機能オーディオプレイヤー。ロシア製。
詳細な解説はWikiで。
今更iTunesに興味を持てないので、何種類かのオーディオプレイヤーを試した結果、AIMP3に落ち着いた。

では早速、AIMP3のインストールが完了したら、イコライザーの設定を変更してみる。

手順はAIMP3を一旦終了し、C:\Users\***\AppData\Roaming\AIMP3内のEQPresetsLibrary.iniに下記を追加記入。

[Perfect]
Band0=-4
Band1=-1
Band2=.5
Band3=2
Band4=1
Band5=0
Band6=-.5
Band7=-1
Band8=-1.5
Band9=-2
Band10=-1
Band11=0
Band12=1
Band13=2
Band14=3
Band15=4
Band16=2.5
Band17=1
Version=2

引用元:【オーディオプレイヤー】AIMP2・AIMP3 総合4

AIMP3を起動し直し、設定から[Perfect]を適用すれば完了。

ついでに、デフォルトのSKINを変更する。
萌え系だと目が痛くなりそうなので、Magmatic 2 AIOというSKINにしてみた。
適用する際にカラーバーで好みのカラーに変更する。

自作SKINを作る際に必要になるかもしれないので、日本語化サイトのTRASH PLANTを登録しておこう。

AIMP3にはタグエディタが付いているが、ID3タグの編集はMp3tagを薦める。
日本語化工房からAmazon.co.jp対応化ファイルでCover Artも一緒に編集できる。

デジタルオーディオライフを堪能してくだされ。

Posted in メモ and tagged , .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です